テキトーゲーマー手記

テキトーに気になった事をピックアップしダラダラ戯言を吐くブログです。

だらだら書く。eSPORTS編

はじめにeSPORTSってなんやねんぶちかますぞって人は説明します。
エレクトロニック・スポーツとはコンピュータゲーム・ビデオゲームをスポーツとして捉えた際の名称。
主にFPSRTS格闘ゲーム、レースゲーム、スポーツゲームが競技として用いられる。e-Sports(もしくはEスポーツ)と省略された名称が用いられる。
世界的にみるとプロゲーマーやプロチームはたくさんいますね。
最近ではLOL(League of Legends)が流行りですが、様々な世界大会も開催されています。
みなさんの知っているゲームもたくさんあると思います。詳しくは調べてね。

ゲームがスポーツ?ふざけるな!ゲームでお金を稼ぐ?プロ?競技性? 
これだからゲームやる若者は現実との区別がーとかいう

頭の固い人たちの声が聞こえてきそうです・・・
が!実際にはそういう考えが一般的でありそう思われても仕方ないです。
日本では実績が少ないのは確かですから。(儲けが出たりすごく流行ってるわけでもない)。
確かに稼いでる人もいますが海外に行っています。日本ではもちろんゲーム差別している年配者達も多いですが、儲けが出ないと思われるためスポンサーがつきにくい、ゲーム人口じたい少ないのもありますがゲームはプレイするもので見るものではないし大会とか公にしてやることか?ましてや賞金やスポンサー?それに伴う中継なんてアホらしって考えがゲーマーの中でも多いです。
あくまで娯楽、そうです娯楽、実際eSPORTSの事書いてる主自身もそう思ってる節がまだあります。ゲーム人口少ない、あくまで娯楽、ガチでやってる人はオタク、プロ?稼げるの?(実際稼げてる人は一部)。っていう事柄からして土台自体できていない。

でも頑張ってるプロたちを支えていくことは大事です。少ないながらも日本初のプロも排出し日本企業もどんどんスポンサーになってほしい。世界規模で戦うわけですからメリットも多いはずです。
そうすれば日本からプロゲーマーとして稼げる人たちがでてゲームに興味持つ人も増えっていう流れになればいいなって思います。まずは馴染み深い日本産のゲームで大会とかどんどん開催すればプロリーグってものに感心を持つ人も増えると思います。海外のよくわからないゲームを見ろってのが無理な話ですものね。